【私の生活費を大公開】東京で20代が生活するにはいくら稼いでおけばいいの?

ライフスタイル
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!「ひなのログ」の20代おっさん女子ブロガー、
ひなのです!

私の出身は地方なのですが、現在は東京で独り暮らしをしています!

地方民からすると、東京はキラキラ輝いていて、いろんな新しいものもたくさんあって、とっても魅力的な街です!もう病みつきになっちゃいます!

とはいえ、物価から家賃からすべて高すぎ・・・・・・

と、いうことで、今回は20代で上京したいと思っている方向けに、

  • 20代で給与ってどれくらいもらえるもんなの?
  • 東京での生活費ってどれくらいかかるの?

この2点について、詳しくお話していこうと思います!

スポンサーリンク

一般的な20代前半の給与・手取り

まずは一般的な20代の給与について確認してみましょう!

国税庁は、毎年民間企業向けに給与実態の調査を行っているそうです。

国税庁によると、20代の平均年収は以下の通りです!

・20代前半:262万円

・20代前半男性:279万円

・20代前半女性:243万円

民間給与実体統計調査(平成29年度) より引用

女性の方が若干非正規就業が多いので、性別での差が生まれている要因になっていますね。

業種でも大きく変わってきます。

・建設業:約360万円
・製造業:約350万円
・卸売、小売業:約260万円
・宿泊、飲食サービス業:約200万円
・金融、保険業:約400万円
・不動産、物品賃貸業:約360万円
・輸送、郵便業:約360万円
・電気、ガス、熱供給、水道業:約450万円
・情報通信業:約360万円
・学習、教育、専門技術サービス業:約330万円
・医療、福祉業:約320万円
・複合サービス業:約290万円
・サービス業:約260万円
・農林水産、鉱業:約250万円

20代の年収ってどのくらい?月収と手取りの平均とは(「ハタラクティブ」)より引用

電気ガス事業など公共サービスにつながる仕事は年収が高く、一方で農林水産業やサービス業、卸売小売業は年収が低く、その差は約150万~200万程度の差もあるようです。

20代女性東京独り暮らしの生活費は?

はい、みなさんお待ちかね?の私の生活費について大公開します!

仕事のバックグラウンドとかをグダグダお話するよりも、まずは収入と支出を整理した表を見ていただいたほうが早いと思いますので、さっそくごらんください!

収入(手取り)計¥280,000支出計¥280,000
本業¥250,000家賃¥79,000
副業(ブログ等)¥30,000水道光熱費¥8,000
通信費¥4,000
食費¥30,000
日用品・衣服¥4,000
娯楽交際費¥40,000
交通費¥5,000
投資¥100,000
その他(臨時出費等)¥10,000

見ていただくとわかるように、私の本業の収入はおおよそ手取りで25万円。平均よりも少し頂いているほうかな?と思われるかもしれませんが、ボーナスがその分低いので、年収換算するとほぼ平均と一緒になるんです…つらい。。。

副業に関しては、ブログでの収入はいまはほんとうに僅かです。他にも色々やっていたので、いつか私がやってきた副業についてご紹介しますね!

さて、ここで着目していただきたいのが、支出の欄です!

特に見ていただきたい3点、ご紹介しますね。

家賃

家賃は7万9000円です。東京駅まで電車で40分くらいで行けるところで、1Kの8畳くらい…という部屋でしたら、標準的な物件なのではないでしょうか?

女性であれば、特にオートロック付きや高階層の物件など、セキュリティが万全の物件を選んだほうが安全ではありますが、どうしても家賃は上がってしまいます・・・。

私は、通勤時間を30分→40分に10分伸ばしただけで、1万円以上のコストダウンをしました!

通勤時間って、30分だけだとどうしてもやること限られちゃうんですよね。スマホみながらニュースを流し見したり、YouTubeで動画1本みたり…。

でも、40分にすると、

  • 始発駅で座れる可能性がアップする!
  • ある程度のしごとを終わらせられる(メールチェックなど)
  • 40分といっても、物件から最寄り駅は近いのでお買い物もしやすい!

・・・などなど、いろいろなメリットがあるのでとってもおすすめです!

今お部屋探しをされているアナタ、通勤時間はぜひ見直してみては??

通信費

通信費は、4000円くらいです!

私は楽天モバイルというキャリアを使って、通信費を下げています!

いわゆる格安SIMと呼ばれるものですね!

投資

さて、残りの余剰金ですが…。私はすべて投資にまわしています!

月で10~14万とブレはありますが、平均すると月12万円程度。ということは1年の投資額は約144万円。意外と大きいですよね?

投資と言っても、FXや株や不動産や仮想通貨などいろいろありますが…
わたしは、高配当株の配当金目当てで投資を続けています!

こうすることで、ざっくり月2万円程度の配当金が入ってくるんです。いわゆる不労所得ですね。

(もちろん初期投資などは大変ですけどね)

『お金に稼いでもらう』

これ、結構大切な考えだと思ってます。若いうちから続けていくことで、配当額もどんどん増えていきます。20代の若いうちに投資始めたほうが良いですよ!これは絶対!

20代でも東京で生活できる!

結論、私でも投資額の12万を除いても意外と生活ができるものです!

節約は至るところでできますが、一番節約したほうがいいのは固定費(家賃・水道光熱費・通信費)です!

東京はお金が掛かる街ですが、その大部分は変動費(衣服・娯楽)だと思います。

なので、固定費を極限まで少なくする努力をすることが東京で生活する第一歩だと思います!

そのあと、余裕が出てきたら投資を考えていくという流れで十分なのではないでしょうか?

最初は、生活がうまく行っている同僚の先輩や友達を参考に
家計簿をつけてみるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました