【お盆明け注意!】今流行りの退職代行ってなに?代行してもらうのって違法なの?

ライフスタイル
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!「ひなのログ」の20代おっさん女子ブロガー、
ひなのです!

さて、みなさんは退職代行という言葉、どこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

退職代行とは読んで時の如く、 退職したいのに辞めさせてくれない、「辞めたい」と言いづらい職場環境にいる時や、退職したいと伝えているのにも関わらず上司がやめさせてくれない場合に、退職希望者に代わって専門業者が退職の意思を伝えて退職を実現させるというものです。

最近は飼い殺しする会社、いわゆるブラック企業が多くなってきた印象です。

働き方改革もはじまってはいるものの、ブラック企業には浸透しておらず、退職すらさせてもらえない状態。そんな方々にとって希望あるサービスになります。

ただ、退職代行は違法だという意見もあり、その利用には注意が必要です。

今回は、退職代行のサービス利用方法から失敗談まで、そして代行行為は違法であるのかどうかについて、まとめてみました!

ちなみに私は円満退職…ともいかず、

このサービスを知っていたら使っていたかもしれません。

スポンサーリンク

退職代行ってなに?

退職代行とは先ほど説明したとおり、退職という行為を専門業者が代わって遂行してくれることを言います。

具体的なシチュエーションとしてはこんなときです。

  • 残業が多く、労働環境が劣悪であるため退職の意志を伝えたのにも関わらず無視された
  • 退職届を提出したのにも関わらず受け取ってくれない
  • 退職の意志を伝えたら、その次の日から仕事が回ってこなくなった
  • 未払いの給与や残業代があるのに退職を伝えた結果それは支払う義務はないと言われた
  • 退職するなら損害賠償責任が発生すると言われた

このように、一般常識に照らし合わせても逸脱しすぎているような場合に使用されることが多いサービスです。

このような会社は、面と向かって退職の意志を伝えることが難しいため、第3者となる専門業者に依頼することで、相手方も冷静に退職の意志を受け取ってもらえることが多いようです。

退職代行の依頼から退職までの流れ

退職代行業者に依頼してから退職まではこのように流れていきます。

1.代行業者に相談する

電話かHPにある依頼フォームから退職の依頼をすることができます。

おそらく、代行業者にお願いしなければならないということは相当疲弊している状態だと思います。誰とも話したくないという気持ちのときは、電話ではなくフォームから依頼してしまいましょう。電話よりも自分の思いがしっかりと伝わるはずです。

2.正式な申し込みをする

退職代行に掛かる費用を支払いします。銀行振込やクレジットカード払いなどがあるそうです(業者ごとに異なります)。

基本は固定料金で3万円~6万円(税込)くらいですが、業者によって様々です。

追加の料金も発生してしまう可能性もあるので、サポートの範囲をしっかりと相談しておきましょう!

例えば「有給休暇の消化を拒否されてしまった場合などはサポートの範囲外です」といったように、個別の事案で料金が変わってしまう場合もありますので確認を怠らずに!

3.代行担当者との打ち合わせ

退職代行してくれる業者の担当の方から電話が掛かってきます。

ここで、「退職までどのような流れでコトをすすめるのか」や「退職意志の伝え方」について打ち合わせをします。

業者はプロなので、もちろんオーソドックスな提案はありますし、もし伝え方や進め方に希望があれば、この場で要望を伝えちゃいましょう!

また、会社の備品などを持っている場合はこの電話で伝えてしまいましょう。例えばICカード・名刺・社用携帯などは返却するべきものですね。ここでも会社に赴く必要はまったくありません!ゆうパックなどで郵送してしまいますので、そこも相談しておいてください!

この電話を乗り切れば、あなたがやることはもうおしまいといっても過言ではありません!お疲れさまでした!!

4.退職業者が会社に退職の旨を伝える

さて、退職代行業者が動くターンです。会社への連絡が実際に遂行されます。

電話での打ち合わせ内容をもとに、伝達事項などがあればそこで業者がすべて伝えてくれます。もちろん労働基準法に則って伝達してくれますのでご安心を。

5.会社から離職票などの書類が届く

会社を退職するときには、会社からもらっておかなければならない書類もいくつかあります。特に離職票は、失業保険の受け取りなどで必要になってくるので必ず受け取っておきましょう。それらも郵送で自宅に届けてもらうように手配しておきます。

これで、晴れて退職ができました!おめでとうございます!!!

退職代行で失敗ってあるの?

退職代行で失敗した事例はほとんどありません!なので安心して依頼してOKです!

ただ、100%必ず成功する!とは言い切れません。それは、退職通知が適切に行われなかった場合です。

書面にて退職する旨を会社に通知せず、例えば口頭などで伝えてしまうことで証拠が残らないまま退職してしまうと、あとから会社に訴えられてしまうことがあります・・・。

なぜそんなことが起こってしまうのかというと、業者が未熟であったり、適当な業者にあたってしまうと、トラブルになってしまうんです。

なので、信頼できる業者を必ず選びましょう!

信頼できる業者の選び方って?

トラブルを防ぐための業者の選び方。それはたったひとつ。

弁護士のサポートがついている退職代行

です!

弁護士がバックについていることで、法律・民法等に基づいて退職通知をしてくれるので、必ず証拠が残ります。なので無用なトラブルを防げるでしょう。

また、もし会社が退職後に嫌がらせや損害賠償の請求などをしてきた場合でも、弁護士のサポートでしっかり対処してくれる業者もあるそうです。

退職代行って違法なの?

さて、ここまで退職代行についてまとめてきました。

ただ、そもそも退職を「代行」する行為は合法なのでしょうか??

退職代行は、現在法律事務に該当しているそうです。法律事務に従事してよいのは、弁護士の資格を持っている者のみで、それ以外の人間が行うと「非弁行為」として違法であると言われています。

ということは、弁護士が行っている退職代行サービスであれば違法ではないと受け取れますね!先ほどの失敗を避けるための方法ともリンクします。

ちなみに、非弁行為を行った場合は、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金が適用されるそうです。なので私達のような利用者側には取り締まりされないとは思いますが、先ほどのリスクを回避するためにもぜひ合法の業者を利用しましょう。

まとめ

劣悪な環境にもかかわらず退職させてくれない人、自分で退職を切り出せない人が多くなったこの現代社会において、退職代行サービスは必要なものになってきました。ただ、悪質な業者も一定数いるので、騙されないように吟味して依頼することがポイントになってきそうです。

合法の退職代行業者に依頼することで、気持ちよく次の会社に転職できるように願っています!

タイトルとURLをコピーしました